マレーシアでワンオペ駐在妻生活

マレーシアに来たからには全力で楽しむ!

東南アジア初出店の蔦屋書店に行ってきた!<文房具編>@Pavilion Bukit Jalil

 

ここ最近日本の企業が続々とマレーシアに進出してきており日本人界隈は大盛り上がり。

元々マレーシアは住みやすいな、と感じていましたが最近さらに住み心地が良くなっているように思います。

そんな中、今回は今月オープンした蔦屋書店についてご紹介したいと思います。

書き進めていくうちに文字数がかなり多くなる予感がしたので記事は2回に分けようと思います!

 

 

 

 

東南アジア第一号店!

2022年7月7日に蔦屋書店がマレーシアにオープンしました。

東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で第一号となるそうです!

場所はPavilion Bukit Jalilというショッピングモールの中に位置しています。

 

 

この第一号店を皮切りに向こう10年で国内に55店舗出店することを目指しているそうです!!

今回ブログを書くにあたり調べていて分かったのですが今回オープンしたのは

高級志向の書店形態「蔦屋書店」

大衆向けの「TSUTAYA BOOKSTORE」

をメインに今後増やして55店舗への拡大を目指すようですね。

ただ日本語表記か英語表記かの違いだと思ってた私。笑 (すみません~!)

 

参考にさせて頂いた情報はこちら↓↓

news.yahoo.co.

 

私が蔦屋書店に行きたかった理由

タイトルに既に出ていますが、

それは文房具!!!!!!

 

聞くところによるとオープンした7月7日は木曜日で平日でしたが大盛況だったようで、

その後の土日も収まることを知らず毎週入場制限で店の外には大行列。

待機スペースが設けられ椅子もソーシャルデイスタンスを意識してか、

等間隔に少し離した状態で設置されていたそうです。笑

気になる方は是非ツイッターなどで検索してみて下さい。ディ〇ニーもビックリです。笑

 

こんな状態なので行くのは数か月後かなぁ~とも考えましたが、

「日本の文房具を買える場所が増える…!!!」(本を買いに行け)

と大興奮だった私はオープンした月のうちに行くことを決意しました。

 

蔦屋といえば、日本の文房具好きの界隈では憧れの地があります。

それは代官山 蔦屋書店銀座 蔦屋書店!!!!!

ディスプレイの仕方もお洒落だし、文房具にも力を入れており私の好きな万年筆に関してもペンクリニックを定期的にやっていたり、オリジナル製品を出していたり…

とにかくすごいのです!!!!!!!!(落ち着け)

 

マレーシアの蔦屋書店にはどんな文房具が置いているのかチェックしに行かねば…!!!

マレーシアの文房具店を知り尽くす、これは私の使命と勝手に思っています。笑

 

使命感に駆られて訪れた他の文房具店についてはこちら。

※この先の記事ではこの2店舗とよく比較する内容が多くなります

chitaro-malaysia.hatenablog.com

chitaro-malaysia.hatenablog.com

 

文房具コーナー

エリアはそこまで広くなく…だからと言って狭くも無く、でした。

平日の朝イチで蔦屋書店に入ったので、人はまばらでしたがその割に文房具エリアは人口密度が高かった気がします。

 

トラベラーズノートとMDノート。この辺は基本ですね。

マステ&シールコーナー

KITTAの種類が豊富でした!

多いな!って思ったCzip Leeと互角な感じです。

テンションが上がったのがこのBandeの「1枚ずつめくれるマスキングテープ」!!

これはCzip Leeにちょろっと置いてたっけなー、ぐらいで蔦屋の品揃えの方がいいと思われます!!!

そしてその下段にある「日本の色見本帖」マスキングテープ。

これは今のところこの蔦屋書店さんでしか見たことがありません。

 

この日本の色見本帖シリーズは全色日本で購入済みですが、すごく使い勝手いいですよ!!!無くなったらここで買おうかな♪

 

マステコーナーを拡大

マステは以前記事で紹介した「Stickerrific」がダントツで種類が豊富です。

ただStickerrificとはまた違うデザインのものがあったり、ちょうど写真に映っているRM8ぐらいのマステは、

マレーシアで買える日本のマステの中でもリーズナブルな価格設定になっていて感動しました!!!

 

あああ

こちらはペンコーナー。

種類の豊富さで言うと、Czip Lee>蔦屋書店>Stickerrific といった感じです。

こちらで現地の方が目をキラキラさせながら何本もカゴにペンを入れているのを見て心がほっこりしました。

 

古川紙工さんのメモ帳&レターセットも充実

日本で見たことなかったけどこのメモ帳可愛い。
握りやすいように中央部がスリムになっています!

クリアスタンプコーナー

はんこ王国のクリアスタンプは今のところ蔦屋書店にしかないと思います!!!

クリアスタンプも大好きなのでこのコーナーも鼻息が荒くなりました!!

 

 

 

コピックコーナー

コピックはStickerrificにもCzip Leeにもなかったのでここも貴重なコーナー!

(※別の店舗では発見しましたが今回の記事では抜粋させていただきます)

 

そして最も興奮したコーナーがこちら!!!

日本の文具店「伊東屋」さんのブース!!!!!!!!!!

 

伊東屋さんのロングセラー商品リーガルパッドシリーズがあるではないか!泣

そしてオリジナル商品の「ROMEO」のリングノートまで…!!

 

「ROMEO」のリングノートは書き心地最高らしいですよ!リングノートお好きな方、是非お試しあれ!

 

 

番外編

呪術廻戦のグッズ

文房具コーナーではなかったですが、こんなグッズもありました。

アニメイトとか好きな方は大興奮ではないでしょうか!

現地の方にもウケ良さそう!

 

 

 

高級筆記具コーナー

スペースはそこまで大きくありません。

ただとても重厚感のある空間で特別感はありました。

高級筆記具コーナーということで専用のスタッフさんも二人いました。

オープンしたてでまだ同僚とのコミュニケーションが深まっていないのか

「How old are you?」等のやりとりが聞こえてきました。笑

せめてお客がそのエリアにいない間にやってくれ。

 

伊東屋オリジナル商品 ROMEO

Pentさんの万年筆



セーラー万年筆

これ以外にはよく見かけるカヴェコスポーツ、ラミーというラインナップで、少し革小物がありました。

 

残念だったこと

万年筆の値札に値段と品番?のようなものしか記載がないこと。

この万年筆にはちゃんと「四季織々 万葉」という名前があるんだよ?

初めての方にはこれが14金なのか21金なのか書かないと分からないんじゃない?とか、

万年筆好きであってもショーケース越しだとこれは大きさと価格的に「KOP」か、な…?とハッキリ分からないのが困る、とか。

 

スタッフさんに聞けば親切に教えてくれるのかもしれないけどまずは自分で情報見たいと思うんだよなぁ。

うーん、万年筆の扱いに愛を感じなかったのが残念です。

高級志向で行くのであれば力を入れてもいいコーナーだとは思います。

改善に期待…!!!

(すみません、マニアックな内容かつガチ説教になってしまいました。笑)

 

②蔦屋オリジナル商品が欲しかった

紀伊国屋書店と差別化できる店というと、蔦屋書店はオリジナル商品を積極的に販売していること。

せっかく高級筆記具コーナーを作るのであれば、オリジナル万年筆インクとか置いてほしかったな、と思いました。

これから増えてくれることを期待…!

 

store.tsite.jp

 

まとめ

私の戦利品

色々ありましたが、今回はすぐ使う予定のありそうなものだけ厳選。

マイルドライナーはCzip LeeにもStickerrificにも売っているので本当に欲しくなったタイミングだけの問題です。

 

品揃えは前回紹介した文房具より劣る部分もありますが、

他の文具店では未上陸のグッズ等もあるので見に行く価値アリです!

また文具メーカーの商品だけではなく、工芸品などのジャンルにも入りそうなクリエイター作品等もあったのでそれも要チェックです!

 

SNSでも続々と蔦屋書店さんに行ったレポ等情報が増えてきてはいますが、

文房具についての詳細はまだ出回っていないと思うので参考になれば嬉しいです。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

ランキングに参加しています。

ぽちっと押して頂けると励みになります!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ